ちょくルート Magazine

TOP > 連載 >
  • 2018/06/20
  • ちょくマガ編集部

第5回 ちょくルート採用を実践してみよう「自社採用サイトを作ろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

scene:017 「採用競合を分析しよう」

創作和食と言えばいいのか、山田くんの見たこともない凝った料理が次々に運ばれてきます。そしてまた、お酒がおいしい! 片岡先輩のススメで日本酒に切り替えると、いっそう料理とのハーモニーが引き立ちます。話も少しずつ具体的になり、山田くんのテンションも上がってきました。得意のメモ用紙を取り出し、先輩の話に耳を傾けます。

山田くん チームの体制が整いました、採用計画も立てました、その内容をチーム内で共有しました……そうしたら次は、いよいよサイト構築になるわけですか。


片岡先輩 いや、競合分析を先にしといた方がいいな。


山田くん 競合分析?


片岡先輩 うん。


山田くん それって、僕らの同業他社ってことですか。


片岡先輩 そうだね。同業他社も入るし、もしかしたら他業種の会社も入るかも。


山田くん ん? どういうことです?


片岡先輩 いわゆる「採用競合」ってやつだ。自分たちと人材を取り合う可能性がありそうな会社について、分析するということ。


山田くん そうか、未経験でもOKっていうようなポテンシャル採用の場合、僕らと同じ製造業以外でも、採用競合になり得るってことですね。


片岡先輩 その通り。もしかしたら飲食店やコンビニが採用競合になるかもしれない。

山田くん で、それをどう分析するんです?


片岡先輩 まあ基本的には、「比較」だ。給料とか待遇とかの条件面だけじゃなく、会社規模とか、立地とか、あらゆる面で比較してみることだ。


山田くん そう言われても……どこが採用競合かがまずわからないんですけど。


片岡先輩 そういうときは、求職者の目線で考えるとわかりやすい。


山田くん ん? どういうことです?


片岡先輩 「ウチが求めてるターゲットって、こういうキーワードで検索しそうだな」というのを考えてみるんだよ。「未経験 高時給」とか「工場 冷房完備」とか。で、実際にGoogleとかIndeedで検索してみる。


山田くん ああ!


片岡先輩 そこに出てくる求人広告と比較して、「自分の会社は選ばれるのか」を考えるんだよ。それで、勝てそうなら、同じ土俵で戦ってもいいけど、負けそう、選んでもらえなさそうということであれば、別の土俵を選んだほうがいいよねってこと。


山田くん なるほど……でも、別の土俵ってどういうことです。

片岡先輩 その一つが「ちょくルート」だよね。他の採用競合がこぞって求人媒体に出してる中で、オリジナルな自社サイトに情報を掲載するだけで、ひとつの差別化になるだろ?


山田くん ああ、確かに。


片岡先輩 要するに、「自分たちがどんな会社と人材を取り合うのか」を事前に調べた上で、やり方を考えていくということだ。


山田くん なんか、すごくロジカルですね。


片岡先輩 もちろん。ロジックがなければ意味がない。だから、この競合分析はすごく重要なんだ。今後の打ち手の「根拠」になってくる部分だからな。


山田くん はー、なるほど。

求人・採用に関すること、まるごと相談にのります!

採用でお悩みのご担当者様、
どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

採用業界の最新情報をお届けします!

人気記事

もっと見る