ちょくルート Magazine

TOP > 連載 >
  • 2018/06/20
  • ちょくマガ編集部

第5回 ちょくルート採用を実践してみよう「自社採用サイトを作ろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

scene:017 「サイトは早く簡単に作る、が鉄則」

ということで、ついにサイト作成についての話が始まりました。こうして先輩のレクチャーを受け初めて早2ヶ月。やっとゴールが見えてきたと、山田くんも嬉しそうです。片岡先輩が女将に、今日いちばんのオススメである日本酒をオーダーしました。それは、これまでのどの酒よりもまろやかでフルーティーな味わい。話のクライマックスにふさわしい、華やかな一杯でした。

片岡先輩 よし、じゃあお待ちかねのサイト構築について話そう。


山田くん ついに! いやーここまで長かった。


片岡先輩 まあ、そうだよな。でも、全部大事なことだったからな。


山田くん そう言われると……確かに。


片岡先輩 いきなり自社採用サイトの作り方から話しても、今の山田みたいな理解は得られなかったと思うよ。


山田くん そうですね。本当にそう思います。


片岡先輩 おお、実感こもってるな(笑)


山田くん だって、ぼくこの先輩との時間でかなり採用担当として成長してる気がしますもん。


片岡先輩 うん。そうだと思うよ。


山田くん じゃあ、いよいよサイト構築ですね。

片岡先輩 ああ。とはいえ、実を言うと、ここまでの工程がキチンとできていれば、あとは作っていくだけなんだよね。


山田くん そうか。採用計画と競合分析で、ある程度「戦略」は立ってると。


片岡先輩 うん。だからあとはそれを具現化していけばいい。まあ、「こんな表現でやったら面白いんじゃない?」というような、企画会議をどんどんやっていくフェーズだよね。


山田くん はいはい。そうか、ここでやっと表現手法の話になるのか。


片岡先輩 そうそう。それで具体的な方向性が決まれば、あとはサイト作成のためのツールを決めて、作っていくだけ。


山田くん ツール?

片岡先輩 ああ、前にもチラッと話したが、基本的にはCMSをオススメするよ。たとえば、ウチはCMSを採用に特化した「JOB!BASE(ジョブベース)」というサービスを展開してる。Indeedにも最適化されているから、かなり使いやすいよ。


山田くん 先輩の会社に頼んだ場合、それを使うことになるんですね。


片岡先輩 そう。その他にも検索機能が充実していて、登録者にスカウトメールを送ることもできたりするものなんかも。まあ他にもいろんなツールはあるから、お客さんの状況やニーズに合わせて最適なものを提案するよ。


山田くん へえ、いろいろあるんですね。でも、自社でちょくルートを実践する場合は、どれを選んだらいいんですか?


片岡先輩 うーん、そこは一概には言えないけど、無料のものから有料のものまでいろいろあるから、用途に合わせて選べばいいんじゃないかな。


山田くん なるほど。……でもいずれにせよ、CMS、つまり、コーディングしないでサイトが作れるツールがオススメだってことですよね。


片岡先輩 うん。それはその通り。


山田くん 一からHTMLやCSSで作ってく、というのはやめた方がいいと。


片岡先輩 いや、そうとも言わないけど、シンプルに言って、それやると手間とお金がかかるんだよね。


山田くん ああー。


片岡先輩 採用のためのサイトだったのに、途中からやけにデザインにばかりこだわるようになっちゃうとか。


山田くん はいはい。なんか想像できます。でも、デザインも大事でしょう?

片岡先輩 んー、俺の実感としては、あんまり関係ないな。


山田くん え? そうなんですか?


片岡先輩 うん。今はスマホで仕事探しする人が増えてるっていっただろ? スマホのサイトで、あんまりゴテゴテとデザインされてても、うるさいだけだし。


山田くん 確かにそうかも。


片岡先輩 求職者目線で、見やすくてわかりやすければ、それでOK。サイト構築には、できるだけお金と手間をかけない方がいいと思う。


山田くん え、そこまで言っちゃいますか。


片岡先輩 うん。制作開始から1ヶ月以内のOPENが理想かな。長くても2ヶ月以内。


山田くん 早いですね!


片岡先輩 まあとにかく早くOPENして、「場」を作ってしまうこと。さっき言ったようにデザインはそれほど重要じゃないし、それに、後で変更しようと思えばいくらでもできるわけだから。

山田くん あ、そっか。


片岡先輩 お金と手間は、サイト構築じゃなくて、Webプロモーションにかけるんだよ。


山田くん なるほど!


片岡先輩 うん。サイトは簡単に早く出す。そしてWebプロモーションで集客する。これが基本。


山田くん ふむふむ。勉強になります。……ほかに何か「これはやっとけ」みたいなことありますか?


片岡先輩 まあ単純に、素材集めは必要だよね。


山田くん 素材集め?


片岡先輩 募集職種にいま就いている人にインタビューして、具体的な仕事内容をちゃんと知っておくとか。あとは社長に、会社のビジョンなんかを聞いてみるのもいいよね。職場の写真撮影をしたり。


山田くん そうか、これまでは代理店に任せっきりだったそういうのを、自分たちでやるんですね。


片岡先輩 うん。まあ、実際に運用し始めたらいろいろと課題は出てくると思うけど、ここまでの話で一応はスタートできるんじゃないかな。


山田くん ありがとうございます! 不安はいろいろありますが、自分たちで「ちょくルート」やってみたいと思います。……でも、どうにもこうにもわからなくなたら連絡してもいいですか?


片岡先輩 もちろん。いつでもどうぞ。


山田くん ありがとうございます!

いかがでしたでしょうか。
この連載では、「ちょくルートの採用を自社で行うためには?」をフランクにお伝えしてきました。
求人広告だけに頼らず、自社媒体で採用を行う方法は、毎月のセミナーでもお話しています。




第1回 ちょくルート採用を実践してみよう「そもそもちょくルートって何?」

第2回 ちょくルート採用を実践してみよう「どんな求人広告を出すべきなのか」

第3回 ちょくルート採用を実践してみよう「自社採用サイトを運営するためのチーム構成」(前編)

第4回 ちょくルート採用を実践してみよう「自社採用サイトを運営するためのチーム構成」(後編)

★本記事★第5回 ちょくルート採用を実践してみよう「自社採用サイトを作ろう」


求人・採用に関すること、まるごと相談にのります!

採用でお悩みのご担当者様、
どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

採用業界の最新情報をお届けします!

人気記事

もっと見る