ちょくルート Magazine

  • 2018/11/19
  • ちょくマガ編集部

有効求人倍率5.15倍!「1級土木施工管理技士」を採用する秘策とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヒューマンタッチ総研によると、2018年6月の建設技能工の有効求人倍率は5.15倍。建設ゼネコンで、有資格者の中途採用の難しさを、痛感する企業は多いのではないでしょうか。

昨今では、築年数の古い建物が増えていて、修繕担当者の求人も急激に伸びているため「新築工事と人の取り合いになっている」ということが起きているようです。

有資格者の採用は困難ではありますが、転職希望の人がいないという訳ではありません。戦略的に求人を行えば、結果に結びつくのです。
厳しい採用状況のなかで有資格者の採用を成功させている、北海道の建設会社の取り組みを紹介します。

不二建設株式会社
□■企業データ■□
本社所在地   北海道 滝川市
従業員数   86名(男性70名、女性16名)※2018年2月時点
事業内容   道路舗装工事・一般土木工事・農業土木工事・アスファルト合材販売・除排雪作業・産業廃棄物処理業・砂利採取販売・生コン製造販売・建設資材製造販売

自社で採用活動を開始し、たった4ヶ月で『1級土木施工管理技士』の採用に成功!

不二建設社の社員構成は30代がすっぽりと抜けている状況であったため、30代の有資格者の採用を計画していました。
採用手法としては、求人広告ではなく自社のランディングページ(LP)を立ち上げ、リスティング広告やIndeedの実施を選択し、同社が求める人材から1応募を獲得し、見事採用を成功させました。


今年北海道に移住してきた、40代の1級土木施工管理技士の採用に成功した同社。
地盤のしっかりした会社で転職を希望する、意欲的な方を採用することができました。

人材紹介会社の場合、成功報酬として年収の35%、100万円以上は費用としてかかると覚悟していましたが、2年間紹介がなかったといいます。
活躍してほしい人材を自社でトコトン定義し、採用手法を選んだ結果として、同社は良い方に出会うことができました。

それでは、不二建設社が行った採用手法をみていきましょう。

そもそも北海道に「1級」の有資格者はいないのでは・・?

採用戦略を立てる際、有資格者の採用を希望していましたが、良い人は大手や道外に転職をしていて、
道内に有資格者の転職者がいないのではないか、という不安が同社にはありました。

有資格者の転職について、建築業界経験者のヒアリングをしながら情報収集を行い、建築業界における有資格者は、業務の特性から「多忙すぎる、または転職する暇がない」「転職する暇がないがゆえに、転職に必要な書類の書き方を知らないのではないか」と仮説を立てを実施。

その上で、ランディングページとなる採用ページのコンセプトを決定しました。

採用ページコンセプト『多忙なあなたに面接官が会いに行きます!』

事務所での書類の作成や現場業務など、多岐に渡る業務の特性上、施工管理技士が転職活動に使える時間は限られています。そのため、道内・道外問わず、採用担当者ができるだけ柔軟に、応募者に会いに行くことを始めました。履歴書ではなく、応募者に会うということを優先する会社の姿勢をランディングページに盛り込んでいます。

また、応募のハードルを下げて、少しでも面接で応募者に会えるよう、応募フォームの必須項目は「氏名」「住所」「資格保有」のみにしています。

ランディングページにかけた広告は『リスティング』『Indeed』

ランディングページを求職者に見てもらうために、WEB広告を開始しました。

まずリスティング広告を実施しましたが、施工管理技士における求人キーワードより、資格試験に関するキーワードのほうが検索されている傾向だったため、リスティング広告では思ったようなクリックが望めませんでした。

求人キーワードでの検索が少ないのであれば、求職者の閲覧が多いIndeedプロモーションのほうがが応募が見込める可能性が高かったので、Indeedの広告配信を開始。

サイトを公開してからプロモーションの効果を分析し、最適なIndeedに切り替えた結果、採用につなげることができました。

2~3ヶ月応募に繋がらない期間は「応募がくるとは思っていたが正直不安もあった」と思ったそう。しかし、改善後のIndeed経由のアクセス数を見て「やっぱり検索してる人はいるんですね」と、自社の求人に対する反応を自信にランディングページの運営を継続し、結果として応募を獲得することができました。

求人広告に頼らないちょくルートで採用が成功!「新卒も自社採用サイトでやってみたい」

「ピッタリの人が応募してくれたのは採用サイトがあったからこそ」
採用ランディングページで、自社に来てもらいたい人材を見事獲得することができた不二建設社。
新卒採用も自社採用サイトでやってみたいと、自社で人を採ることの可能性を感じています。

中堅・中小企業が、母集団形成によって候補者を集めることはほとんど不可能となった今、いかに自社に来てもらいたい人材に、応募してもらえるかが重要になってきています。

1応募1採用ということは、企業にとっても、応募した求職者にとっても、良い相手にめぐり合えた理想的な結果といえるのかもしれません。


不二建設株式会社
□■企業データ■□
本社所在地   北海道 滝川市
従業員数   86名(男性70名、女性16名)※2018年2月時点
事業内容   道路舗装工事・一般土木工事・農業土木工事・アスファルト合材販売・除排雪作業・産業廃棄物処理業・砂利採取販売・生コン製造販売・建設資材製造販売

人気記事

もっと見る