ちょくルート Magazine

  • 2018/10/11
  • ちょくマガ編集部 天本

求職者に響く!応募数が3倍以上増える、Indeedで効果的な求人原稿の書き方(ペルソナ編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「Indeedにとりあえず出してみたけど、なかなか応募が来ない…」

そんなお悩みをお持ちの採用・人事担当が読んで得する、求人原稿の書き方講座!

第1回目は、より効果的な求人原稿を書くために大事な要素の一つ、『ペルソナ』について取り上げてみたいと思います。

”担当者”目線の求人原稿を書いていないですか??

いきなりですが、みなさんは求人原稿を作成する際、どのようなことを意識してを書いていますか?

「どうせちゃんと読まないんだから、求人原稿なんてとりあえず仕事内容とか書いとけばいいでしょ…!」

そう思いながら、クライアントからいただいた求人票をまんま書き写している人事担当者の方、多いのではないでしょうか。

事実、私自身、長年にわたり人材支援会社のWEB広告担当として様々な業種・業界の求人原稿を目にしてきましたが、それにしても…このような求人原稿が多いこと!
いかに、世の中で求人原稿が軽く見られがちか、ヒシヒシと感じます。


何がダメかというと、そこに人を惹きつけようとする姿勢・態度が感じれないのです。

原稿を読んでもらう相手とは、仕事を探している求職者つまり人であって、ロボットではありません。

人である以上、相手の心に響くようにアプローチをしなければ、実際に行動に移してもらうこと(応募)は難しいです。

なので、求人票を丸写しするだけではなく、相手を意識した言い回し、表現やセールスポイントなどを原稿に盛り込む必要があるのです。


”ペルソナ”ってなに?

しかし、いざ相手を想像して書くと言えど、一体どんな人を思い描いて原稿を書けばいいかわからないですよね。

そこで使うのが、”ペルソナ”という手法。

一般的なマーケティング手法でも用いられるペルソナとは、「自社の商品やサービスを利用する、最も最適な顧客像」のことを指します。

ある一人の人物像が『どんな人物』で、『どのような生活環境』にあり、『何を考え』、『どんな行動している』のか、事細かに設定していきます。

より詳細に書けば書くほど、ターゲットへの理解度が深まりやすく、求職者に刺さりやすくなります。


ペルソナのメリット

このペルソナを設定すれば、ぼんやりとしたターゲットが一人の人格を持った人物としてより具体化され、アプローチ・問題点などを以下のようにピックアップしやすくなります。

〇人格や行動パターンを明確化にすることで、どんな業界・職種を求めているのか理解しやすくなる。

〇生活レベルで何に困っているのか、求めているのかが分かり、それに基づいたキャッチコピー・訴求ポイントの作成が容易になる。

〇採用に携わるチームメンバー内で明確なイメージを共有することができ、目標への相違を防ぐことができる。




結論:大切なのは、『誰から見られるのか』を意識すること

今回は、求人原稿を書く際に有効な手法、ペルソナについて取り上げてみました!

ペルソナで描いた人物像を原稿へ的確に落とし込んでいくことで、会社が欲しい人材により刺さりやすくなり、多くの応募へと繋げていくことができます。

それだけではなく、求職者が原稿を読む段階から会社について深く理解してもらうことで、
『内定の辞退』や『入社後すぐの退職』などのミスマッチを未然に防ぎやすくなるのも利点の一つでもあります。

次回は事例に合わせたペルソナの使用例を挙げた、実践編へと移りますので、乞うご期待を!


求人・採用に関すること、まるごと相談にのります!

採用でお悩みのご担当者様、
どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

採用業界の最新情報をお届けします!

人気記事

もっと見る