ちょくルート Magazine

TOP > 連載 >
  • 2018/11/14
  • ちょくマガ編集部

『それ行け!地球人』〜宇宙人が教えてくれる、地球で快適に生きていくためのヒント〜

『魂が抜けた?』(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「死んだつもりでやってみろ!」などと皆さん軽く言いますが、実際に死ぬのはそう簡単なことではありません。

このコラムは「臨死体験によって宇宙人であることに目覚めた人間(服部)」と「地球人として日々苦悩し続ける人間(安田)」による、不思議な不思議な人生対談です。

第1回『服部さん、これ本気ですか?(前編)』


第2回『服部さん、これ本気ですか?(後編)』




『魂が抜けた?』(前編)

魂が抜けちゃったっていうことでしたけど。それは何ですか、魂抜けたなって自分で分かるものなんですか?
最初は精神分裂になったんだと思いました。これがよく言う幽体離脱だっていうふうには思わずに「あれ、何か俺おかしい」みたいな形で。もともと、霊が見える人って、ただ気弱な人が見ている幻想ぐらいに思っていたので。「俺、今、弱っているから変な幻想見てる」と。



その自分が寝てる姿を、霊だと思ったんですか?
あっちが肉体だとは思いましたが、こっちが何かっていうのは分からなかったです。自分、見えないんですよ。



見えないんですか!
見えないです。意識はあるんですけれども、見えないです。



ということは、幽霊には足はないけど、手もない?
手の感覚はあるんですけれども、見えて実体があるわけではない。



へええ!ちなみに記憶とかはあるんですか?
記憶とかは全部あります。めっちゃ不思議な状態です。



つのだじろうのマンガで見たんですけど、魂と肉体は繋がってるって本当ですか?なんか、ホースみたいなやつで。
はい。へその辺りで、あっちの肉体と、こっちの魂のところがピーッってつながっていて、ゴム紐のように伸びるんです。


やっぱり繋がってるんですか!
繋がってます。これ切れると、たぶん、死にます。




それって試してみたい。
(笑)いや、やめてください。最初は、すごいんですよ、これ。ものすごい強い力で戻そうとするんですよ。だから、離れたくても離れないんです。




そうなんですか?
そう、だから、無理に離れようとしても、「うおー、戻る」みたいな感じで戻されます。



ちなみに肉体のほうは、ちゃんと呼吸してました?
呼吸してました、寝てました。



じゃあ、仮死状態とかではない?
ないです。たぶん、普通に生きています。ただ、魂だけは抜けている。



へー、不思議な状態ですね。
そういう状態が2、3日毎夜続くわけです。すると、だんだん慣れてくるわけですよ。最初は、めっちゃ怖かったですけど。



何回もあったんですか?
毎晩です、3日連続くらいで、自分の家で。また来た!みたいな。



その時は、家族はいました?
いないです・・・当時の奥様とは別居してました。。。



では一人?
自宅に、一人で、オークベッドの上で。



ちなみに鉛筆とか持ったり出来るんですか?
試しました。



試しました?
試しました。



持てたんですか?
持てません。


持てませんか。
持てません。ゴーストって映画があったでしょ?あれ、実はめっちゃリアルなんです。壁抜けるシーンとか超リアル。抜ける瞬間、壁の材質とかもゴワッみたいな感じで入っていくんですけど。ほんと、あのままな感じです。


じゃあ、壁は抜けたことがある?
壁は抜けれています。




ドアは開けられないですもんね。
はい。ドアノブとか持とうと思っても、すり抜けちゃうんですよ。ゴーストの中では、たぶん念力かなんかでトレーニングして持てるようになるんです。僕はそこまでやったことがないですけど。たぶん、そういう感覚じゃないと実体のある物は持てないと思います。




結局、持てずじまい。
持てずじまいです。ただ、しばらくやってるうちに、だんだん面白くなってきたんです。



だいぶ遠くまで行けるようになったんですか?
いや、全然です。ゴム紐強いので。自宅の範囲内をうろちょろする程度です。



壁は超えたけど、家は出られない。
はい。それで1週間くらいたった時に、これ、もしかしたら、いわゆる幽体離脱っていう状態じゃないかと、ふとピンと来て。



だいぶ遅いですね。
はい。だって、病気だと思ってたもんで。でも「これ、もしかして」と思って、ネットでいろいろ調べるわけです。そしたら、アメリカにモンロー研究所っていう幽体離脱の研究所がありまして、そこが、幽体離脱のトレーニングができるCDを出していたんです。ヘミシンクっていう。



え!そんなトレーニングセットがあるんですか?
あります。買えますよ。



幽体離脱が出来ないと、そのトレーニングは出来ないんですか?
いや、幽体離脱が出来ない人が、まず、外れるまでのトレーニングからスタートしています。



外れるトレーニングがあるんですか?
あります。



じゃあ私でも外れる可能性ありですね。
安田さんも、きっと外れると思います。



本当ですか?
先入観があまりないので。



先入観の問題ですか?
ガチガチの方は、たぶん、外れにくいと思います。ガチガチの方と、恐怖心が強い方は外れにくいと思います。



モンロー研究所。
モンロー研究所、ヘミシンク。



私が買えば服部さんにいくらか入るとか?
(笑)そういうのじゃないです。試したければ、うちにCDあるんで貸しますよ。



それで、訓練してどうなりました?
ヘミシンクのCDを使って、全部で30巻くらいあるんですけど。それを半年くらいかけて全コースをマスターしました。



努力家ですね。
決めたら徹底的にやるんですよ。右の耳と左の耳から別の波長の音を入れて、頭の中で音の力によって共振動を起こすんですけど。その共振動の周波数によって行けるレイヤーというか、世界がいろいろ変わるんです。ヘミシンクでは、フォーカスっていう言葉で、その層を区別してるんですけど。

フォーカスゼロっていうのが、今のこの状態。フォーカス1っていうのが、意識と肉体が別だっていうことを認識している状態。一般に言われているいわゆる「金縛り」の状態です。あれは、肉体が寝ていて、意識が起きているっていう状態なんですよ。だから、金縛りの状態に陥ったときに、とても怖いんですけど、「えいっ」て思い切って起きてみると、うまくタイミングが合えば肉体寝たまま意識だけ起き上がったりするんです。



え?金縛りは、チャンス?
チャンスです。僕の中ではチャンス。まさに肉体が完全に寝ている、動かない状態で意識だけは完全に覚醒していると。それがそのフォーカス10っていう、ヘミシンクの中でそのくらいまで行くと、今度は完全に離脱をして、天井とかでふわふわしている状態。フォーカス21になると、人間の魂が死後抜けてから行く、「世界の限界の領域」までいけます。



そっから先は、死なないと行けない?
いや、死ななくても行きました。死後の世界を一応見てるんです。


見てるんです?
いいのかな、ここまで言って。(笑)



はい、どうぞ。ここまで来たらもう同じなので。






第4回 『魂が抜けた?』(後編)に続く。 毎週水曜日に連載中!

人気記事

もっと見る