ちょくルート Magazine

  • 2018/11/22
  • ちょくマガ編集部 小堀

Google for Jobsで何ができる?ユーザーの行動を動画でまるわかり解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加
「Google for Jobsが実装された場合、
どのような検索画面でユーザーが情報を取得するか」
採用マーケティングの観点から、ユーザー動向をいち早く知ることは必要不可欠です。

Google for Jobsにはトップページないため、どのようにGoogle for Jobsへ遷移するのか、
またGoogle for Jobs内での回遊について、求職者の動きを把握しておきましょう。

尚、この動画はGoogleのテスト実装がされた時に撮影しています。
今後日本でリリースの予定があるとされるGoogle for Jobsの画面を表すものではありません。

動画でわかるGoogle for Jobs

※本動画はオフィスで再生しても大丈夫なよう無音声で作成いたしました。

①Google検索から応募ボタンまで使ってみた -応募までの最短ルート-
00:00辺り~1:05辺り

②Google検索から応募ボタンまで使ってみた-Google for Jobs内で求人を調べるルート-
1:05辺り~2:24辺り

③Google for Jobs内の求人原稿を見てみた
2:24辺り~3:40辺り

④フィルター(検索軸)機能と使ってみた
3:40辺り~5:14辺り

⑤ブックマーク機能を使ってみた(英語)
5:14辺り~6:18辺り

⑥アラート機能を使ってみた(日本語版はまだ)
6:18辺り~7:03辺り

⑦【番外編】英語版のたくさんある応募ボタン
7:03辺り~

まとめ

UIがとてもシンプルですね。このシンプルさを好きかどうかは個人差がわかれると思われますが、IndeedのシンプルなUIが日本にも受け入れらてて結果を出していることから考えますと、仮に日本にGoogle for Jobsが正式実装されたとしても求職者に馴染んでいく可能性が高いと考えます。

合わせて読みたい

◇Google for Jobs概要
Indeedの次?今だ実態が見えない『Google for Jobs』とは
【Google for Jobs】日本でのテスト実装開始。実装状況を画像で流し読み確認

◇Google for Jobs対応求人サイトまとめ
【5サイト】Google for Jobs対応の求人サイトまとめ -パート・アルバイト編-
【10サイト】Google for Jobs対応の求人サイトまとめ -正社員採用転職編-
【6サイト】Google for Jobs対応の求人サイトまとめ -IT/web業界転職サイト編-
【5サイト】Google for Jobs対応の求人サイトまとめ -派遣求人サイト編-

◇Google for Jobs対応自社採用サイト構築ツールまとめ
【6ツール】Google for Jobs対応の採用サイト制作ツールまとめ

◇Google for Jobs関係読み物
【Hire by Google】Google for jobs連携しているGoogle Hireについて徹底解説
GoogleのHR業界向けAI&機械学習「Google Cloud Talent Solution」を緊急解明


本メディアの運営会社であるアドヴァンテージの 自社採用サイトASP「JOB!BASE」では、この度Google for Jobsに完全対応しました。(もちろんIndeedも対応済み)。

もう少し内容や、昨今の採用市場も絡めたお話を聞きたい。
そういったお声には、無料セミナーも開催していますで、お気軽にご参加いただければと思います。

自社採用サイト構築、Indeed、Google for Jobs、各種web広告などのお問い合わせは、コチラからいただければと思います。


株式会社アドヴァンテージ ディレクション 小堀慎平
アドヴァンテージにて過去は営業のテレアポからクロージング、WEBマーケティングはIndeed,Twitter,Facebook,リスティング広告を運用、広報としてTVではあさチャン!、さんまのホンマでっか!?TV、ノンストップ!へ、新聞では産経&毎日新聞などに自社商材を露出。
現在はGoogle for Jobs&Indeed完全対応の自社採用サイト構築ツール「JOB!BASE」の制作として、約2年で80サイトの構築を担当。

求人・採用に関すること、まるごと相談にのります!

採用でお悩みのご担当者様、
どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

採用業界の最新情報をお届けします!

人気記事

もっと見る