ちょくルート Magazine

  • 2018/12/28
  • ちょくマガ編集部 田中

面接官としての技術を向上させるには?求職者からの目線もまとめてみる

このエントリーをはてなブックマークに追加
採用に携わる方であれば、「面接」は避けて通れません。面接のため研修など実施している企業はまだまだ一握り。

中小企業であれば、現場の感覚で面接をされている企業も多いのではないでしょうか。

この記事では、ミスマッチなく応募者との面接を進めるために必要なノウハウをまとめました。

面接を根本から向上させる

何が分からないのか分からない、そもそも面接官として取り組むべきトレーニングが分からない方も多いことでしょう。そういった方々が何から取り組んでいくか、何を指針にトレーニングを進めていくべきかを知りたいときに読んでいただきたい記事です。

単に面接の場面での行為、小手先の技術を調べがちになってしまいます。根本的な改善のためにも、面接にまつわる事前知識は必要であることを認識しましょう。

面接官トレーニングとは?企業の印象をガラッと変える秘策



求職者から見た面接官の印象からヒントを得る

面接で行ってはいけない行為は多々ありますが、それは求職者に限ったことではありません。転職サイトなどの評判に面接での対応を書かれることや、それをSNSで共有されてしまうこともあります。

求職者から見て幻滅する行為を取り上げた意見は貴重です。こうした意見を参考に、今までの面接で行ったことはないか、行わないための対策を講じてみましょう。そして、事業とは関係のないところで評判を落とすことはないようにしましょう。

嫌われる面接官、それ、面接官だけの印象だと思っていますか?



ミスマッチが判明したために不採用にせざるを得ないと面接で判明したとき、どんな対応をしていますか?露骨な態度をとってしまうと、求職者からの印象は最悪になってしまいます。求職者に丁寧な対応をするためにも、不採用にする際の行動を振り返りましょう。また、求職者にとって理想的な対応が提言されているので、参考にしてみるのも一つの手段でしょう。

気遣い一つで大きく変わる!学生を不採用にするときのNG行動と理想の対応



面接を「将来的なチーム作り」の一面から考える

「プロジェクトアリストテレス」をご存知でしょうか?Googleが発表した研究の一つで、効果的に機能するチームに必要な因子を提言したものです。

研究の結果、チームが十分に機能するために必要なのは、他のメンバーに対してリスクを取ることを不安に感じない状態である、「心理的安全性」が高いという結論が出ました。

研究が行われた背景や方法について紹介したのち、どうやって応用していくか、それを検討した一連の記事となっています。面接に応用するだけでなく、企業として機能するためにも有効な手段の一つとなるでしょう。

プロジェクトアリストテレスを考える①‐チーム作りだけでいいのか?‐

プロジェクトアリストテレスを考える②‐面接に応用する‐




面接の根本的な改善から応用の可能性まで検討してみました。企業にとっても、求職者にとっても有益な時間となる面接を試みましょう。

人気記事

もっと見る