ちょくルート Magazine

  • 2019/01/10
  • ちょくマガ編集部 小堀

Indeedの上位版?エンジニア採用に強いIndeed Primeとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Indeed Primeとは、テック企業とエンジニアを結ぶスカウトサービスです。

実はUSとUKでローンチされているこのIndeedのプライムサービスですが、日本にはまだ来ていません。

PayPalやebayなど、決済サービスやグローバルマーケットプレイスの運営といった様々な事業会社がすでに実施しているIndeed Primeの詳細について見ていましょう。

Indeed Primeとは -概要-

テック企業とエンジニアを結ぶスカウトサービスです。
https://www.indeed.com/prime
Indeedの上位版というわけではありません。

採用までの流れとしては

①エンジニアが登録
②企業が気になった求職者にアプローチ
③面接
④内定

というシンプルな流れです

実際動画が公式に上がっていますので、ぜひご覧になってください。


Indeed Primeはどういう感じで使えるの?

①企業側画面ですが、画面左から求職者に求めるスキルなどを選択or入力すると、候補者が表示されます。


②求職者をクリックすると、求職者の画面に遷移し、詳細な求職者データを確認できます。


③求職者画面の右側にあるメッセージ欄で、簡単にメッセージを送れます。


④面談日の設定を、クリックですることが出来るそうです。

シンプルで使いやすそうですね。


Indeed Primeの求職者ターゲット

下記のような職種の求職者がユーザーとしてIndeed Primeを使用しているそうです。

Full Stack Developer
Software Engineer
DevOps
UX/UI Designer
Front-end Developer
Back-end Developer
Cloud Engineer
Data Analyst
Product Manager
Software Architect
Network Engineer
Security Engineer
など

一度で良いからこういう軸で仕事探しをしてみたいですね。かっこいいです。


Indeed Primeの企業ターゲット

・テック系スタートアップ
・テック系中小企業
・テック系大企業

だそうです。主にテクノロジー系企業ですね。

仮にスタートアップだとしても、飛び込み営業やテレアポをする人が欲しい場合は本サービスでは採用できない、といった形になります。


Indeed Primeって実際どうなの?

下記のデータが公式サイトに記載があり、結果が出ている模様です。

・アクティブ求職者: 10,000
・マッチング数: 100,000
・登録企業: 5,000

登録企業例)
・Paypal
・American Express
・ebay

動画内にこんなデータもありましたが、

・MIT出身
・スタンフォード出身
...求職者、
優秀ですねぇ...


Indeed Primeの料金は?

3プランあります。

▼Basic
・費用: 無料
・対象: 中小企業で一人プラン
・採用可能数: 無限
・サポート: チャット
・マッチンアラート: 週一

▼Essential
Basicの機能に加えて
・費用: 月500ドル
・ATS連携: あり
・アナリティクス機能: あり
・求職者データアクセス: 無料版より2週間早く閲覧可能

▼Enterprise
BasicとEssentialの機能に加えて
・費用: カスタムプライス
・アカウントマネージャー: あり
・カスタムソーシング: あり
・カスタム自社採用ページ: あり

といった形で、費用に応じて使える機能が増えていくそうです。


Indeed Primeにサポートとかはあるのか?

Concierge service(コンシェルジュサービス)という名称で、Client Consultantsというマッチングサポート担当の方々がいらっしゃるそうです。
これは下記動画で説明があります。

1:28くらいからです。


・テック系と営業系採用のエキスパート(Indeed Primeはテック系なのに営業?)
・コミッションで評価されない
 →成果報酬目当てのマッチングごり押しをしない
・採用担当者のニーズに対し深い見識がある

そうです。

また別の動画では、求職者に対して
・プロフィールの書き方レクチャー
・履歴書のレビュー
・模擬面接
・面接技法レクチャー
などもしてくれると書いてあります。

至れり尽くせりですね。


Indeed Primeは日本で使えるの?

使えません。今のところ、USとUKのみです。(情報求む)

とはいえ本家USでローンチされたのが2016年ですので、そろそろ日本に来てもおかしくないです。


まとめ

Indeed Primeはテック系求人とエンジニアを結ぶスカウトサービスです。日本ではまだ展開されてはいないですが、いざIndeed社の宣伝攻勢が始まったらエンジニア特化型サービスとしては流行るのではないでしょうか。


合わせて読みたい

【Indeed】オーガニックから派遣求人が消える@US&カナダ
https://chokumaga.jp/article/10003390

【入門編】Google for Jobsとは?動画と画像で完全解説
https://chokumaga.jp/article/10003388


本メディアの運営会社であるアドヴァンテージの 自社採用サイトASP「JOB!BASE」では、この度Google for Jobsに完全対応しました。(もちろんIndeedも対応済み)。

もう少し内容や、昨今の採用市場も絡めたお話を聞きたい。
そういったお声には、無料セミナーも開催していますで、お気軽にご参加いただければと思います。

自社採用サイト構築、Indeed、Google for Jobs、各種web広告などのお問い合わせは、コチラからいただければと思います。


株式会社アドヴァンテージ ディレクション 小堀慎平
アドヴァンテージにて過去は営業のテレアポからクロージング、WEBマーケティングはIndeed,Twitter,Facebook,リスティング広告を運用、広報としてTVではあさチャン!、さんまのホンマでっか!?TV、ノンストップ!へ、新聞では産経&毎日新聞などに自社商材を露出。現在はGoogle for Jobs&Indeed完全対応の自社採用サイト構築ツール「JOB!BASE」の制作として、約2年で80サイトの構築を担当。
日本、中国上海、アメリカハワイで育った後、青山学院大学経済学部経済学科卒業

人気記事

もっと見る