ちょくルート Magazine

  • 2019/02/05
  • ちょくマガ編集部

2019年に転職する可能性があると考えている人は61%。複業ができる環境を求める声も

このエントリーをはてなブックマークに追加
シンアド転職エージェントは、過去5年間のうちに転職活動を行うか、実際に転職した方を対象にメールアンケートを行い、2019年の転職意向や勤務スタイル、副業の可否など働き方に関するアンケート調査を実施しました。

◆アンケート概要
アンケート実施期間:2019年1月22日(火)~1月29日(火)
対象:5年以内に転職活動をしたか、実際に転職をした方
有効回答数:247名
アンケート方式:インターネット

2019年、転職する可能性はあるのは61%

2019年の転職可能性について「非常に高い」「可能性はある」「どちらともいえない」「可能性は低い」「確実に転職はしない」の5段階で調査をしたところ、転職可能性が「非常に高い」「可能性はある」と答えたのが61%、「可能性は低い」「確実に転職はしない」と回答した方は20%となりました。

それぞれ以下のように回答しています。(※一部抜粋)


非常に高い(すでに転職活動をしている)

・年収アップ(27歳/男性/コンサルタント)
・新たな分野で成長したい、ライフワークバランスを重視したい(30歳/女性/法人営業)
・よりデジタルマーケティングに深く関わり、極めたい(50歳/男性/デジタルマーケティング)
・スキルアップ/給与体系の変更(25歳/男性/法人営業)
・事業撤退(46歳/女性/マーケティングプランナー)
・仕事量に対して給与が増える見込みがなく社員登用の話もない(26歳/女性/不動産事務)
・複業したい(34歳/女性/編集・ライター)
・安定した就労環境で働きたい(42歳/男性)
・デジタルマーケティングに強い興味を抱いている(27歳/男性/法人営業)
・案件が減ってきている(41歳/女性/Webデザイナー)
・年収アップ(35歳/男性/広告代理店R&D)
・身体を壊すリスクが高い(26歳/男性/マーケティングコンサルタント)
・ライフイベントの発生に伴い(26歳/男性/不動産営業)
・領域を広げたい(30歳/女性/広告代理店営業)
・正社員を希望している(27歳/女性/受付)
・待遇面と環境の変化(31歳/男性/校正校閲)
・長時間のサービス残業で身体を壊しそう(41歳/男性/宣伝販促)
・待遇面での我慢の限界と、これ以上いても成長できないと感じた(38歳/女性/コピーライター)
・代理店から事業会社へ転職したい(34歳/男性/マーケティングコンサルタント)
・人間関係(32歳/男性/広告代理店デザイナー)
・新たな経験を積み成長するため(32歳/男性/広報)
・時間に融通が利くから派遣になったのに、残業ばかりで時間に余裕がない(35歳/女性/SNS運用管理)
・キャリアをさらに伸ばしたい(41歳/男性/人事)
・やりたい事・求められている仕事が複数企業にある(34歳/男性/経営企画)
・社内で通知なしに部署異動が頻繁に発生する(33歳/女性/経営企画)
・上司からの過度なマイクロマネジメントによる営業効率の低下(38歳/男性/法人営業)
・より大きなステージで大きな仕事をするために、もう一度組織に戻りたい(44歳/男性/個人事業主)

可能性はある(転職活動を始めようと思っている)

・スキルアップとベースアップ(33歳/男性/アートディレクター)
・今よりも必要とされる仕事に就きたい(34歳/男性/法人営業)
・裁量面を良くしたい(29歳/男性/マーケティングプランナー)
・この世にホワイトな企業があるのか甚だ疑問なので悩んでいる(36歳/女性/人事)
・勤務時間短縮(40歳/男性/法人営業)
・収入をあげたい(31歳/男性/新規事業)
・20代のうちに将来設計を見直し新たな職場でのスタートを切りたい(29歳/女性/営業アシスタント)
・ワークライフバランスが取りづらい(40歳/男性/法人営業)
・自分の未来が見えない(28歳/男性/法人営業)

可能性は低い

・転職したばかりで習得したいスキルがまだある(33歳/男性/広報PR)
・業務がとてもやりがいがあり、報酬も付いてきているから(29歳/男性/デジタルマーケティング)
・子育てをしながらの条件で満足に転職するのは難しいと思う(37歳/女性/リサーチャー)
・今のワークライフバランスが気に入っている(33歳/男性/経理)
・今より良いところはないと思う。人間関係や信頼関係という得難い資産もある(33歳/女性/リサーチャー)

確実に転職はしない(現職に留まることを決めている)
・福利厚生がしっかりしている(29歳/男性/デジタルマーケティング)
・息子が大学に入学する(44歳/男性)
・現在の就業状況に満足している(27歳/男性/デジタルマーケティング)
・自分のテーマが進行中(52歳/女性/新規事業)

週5フルタイムで勤務は53%

現在の勤務スタイルについては、週5フルタイム勤務が53%、
フレックス出勤が(コアタイムあり・なしあわせて)33%、「リモートワークOK」は6%と続いています。



無条件、条件付き含めると副業が認められているのは45%

副業が全面的に認められているのは18%、条件付きで認められているのは27%となっていて、
条件付き含めると副業が認められているのは45%となっております。


採用業界の最新情報をお届けします!

人気記事

もっと見る