ちょくルート Magazine

  • 2019/02/14
  • ちょくマガ編集部

2人に1人が「インターネット関連」で仕事探し、重視する項目は「給与」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ディップは、はたらこねっとユーザーに対し「仕事の探し方・派遣会社の探し方について」アンケートを実施しました。

・ 実施機関:ディップ株式会社
・ 調査対象:はたらこねっとユーザー
・ 実施時期:2018年10月15日(月)~2018年12月2日(日)
・ 調査手法:インターネット調査
・ 有効回答数:1,146

2人に1人が「インターネット関連」で仕事探している

はたらこネットユーザーに対し、どのように仕事探しをしているか聞いたところ、
「求人情報サイトで探す」36%が最多となり、次いで「検索エンジンで関連キーワードを検索する」19%となりました。

回答した1,146名のうち、55%がインターネット関連で仕事を探しているという結果になりました。

また仕事探しで重視するとのうち、最多は「給与」で25%、次いで「勤務地」21%、「通勤時間・交通手段」12%と続いています。

終業後のフォローより自分にあった仕事を紹介してもらいたい傾向に

仕事探しで困っていることについて聞いたところ、最も多いのが「自分に合った仕事で採用されない」で14%となりました。

さらに「自分に合った仕事が見つからない」13%、「自分にどんな仕事が合っているのかわからない」10%と続き、悩みの上位は仕事とのマッチングへの不安に関することとなりました。

派遣会社へ求めるのは「自分とマッチした仕事の求人」

派遣会社へどのようなことを求めるか聞いたところ、最も多かったのが「自分に合った仕事の紹介」46%となり、2位の「終業後のアフターフォロー」と比較すると21ポイントと、大きく差がでる結果となりました。

自分とミスマッチがない仕事の紹介希望が高くなっていることが考えられます。

さらに、派遣会社に登録する前に下調べすることについては、「主要に扱う職種」を事前に調べると回答したのが24%で最多、次いで「派遣会社の口コミ・評価」18%となりました。

採用業界の最新情報をお届けします!

人気記事

もっと見る