ちょくルート Magazine

TOP > 連載 >
  • 2019/03/06
  • ちょくマガ編集部

お金に縛られているのは誰?『それ行け!地球人』〜宇宙人が教えてくれる、地球で快適に生きていくためのヒント〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
「死んだつもりでやってみろ!」などと皆さん軽く言いますが、実際に死ぬのはそう簡単なことではありません。

このコラムは「臨死体験によって宇宙人であることに目覚めた人間(服部)」と「地球人として日々苦悩し続ける人間(安田)」による、不思議な不思議な人生対談です。

第1回『服部さん、これ本気ですか?(前編)』
第2回『服部さん、これ本気ですか?(後編)』
第3回『魂が抜けた?』(前編)
第4回『魂が抜けた?』(後編)
第5回『ベガ星人の目覚め』
第6回 怪しいメンターとの出会い
第7回『怪しいメンターとフリーエネルギー』
第8回『お金の洗脳が解ける時』
第9回『営業のアポに行ってる場合ですか?』
第10回『『死ぬことと、消えること』
第11回『魂はどこに向かっているのか』
第12回『赤ちゃんは全部お見通し』
第13回『本当の自分はどれなのか』
第14回『大人の境目、大人の正体』
第15回『迷惑の境目はどこにある?』
第16回『家を買うという、不思議な遊び』
第17回『自分自身の洗脳から抜け出す』
第18回『地球の常識は、宇宙の非常識』

第19回『お金に縛られているのは誰?』

宇宙人である服部さんに、お伺いします。
はい。何でしょう?



そもそも資本主義って、何なんですか?
いきなり凄い質問ですね。



私のイメージでは、資本主義イコール株式会社って感じなんですけど。
きっかけとなったのは大航海時代ですね。ヨーロッパの貴族たちが冒険家に対して船とか私財を提供したのが始まりではないでしょうか?。



そもそも何のために提供したんですか?
船ごと沈んじゃう全滅リスクはあるんですけど、香辛料とかヨーロッパにないものを持ち帰ると莫大な利益になる。



じゃあ、やっぱり収益が目当てだったんですね。
冒険の元手を出した目的は「利益の享受」でしょうね。その利益が最初の資本を増強し、資本が大きくなる。このサイクルを回すことが資本主義の目的だと思います。



それが会社の始まり?
そうです。お茶とか香辛料を買い付けに行くプロジェクトを、会社としてやったのが始まり。1600年くらいに設立された東インド会社ですね。



じゃあ、その辺りから資本主義も始まるんですか?
本格的に広がっていったのは、産業革命の後ですね。18世紀半ば。




資本を持っている人が大きな工場を建てて、人を雇って、利潤を追求し始めた。
そうです。それが本格的な資本主義の始まり。




じゃあ、お金持ちじゃないと始められない。
当時は、お金をもっていた貴族階級や富裕層が主体だっと思います。



お金を持ってる人が会社を作り、リスクを背負う代わりに利益が出たら一番潤う。それが資本主義?
そうです。



それって宇宙的には正しい主義なんでしょうか?
正しいかどうかというよりも、宇宙的に見たら完全に閉じてますね。



閉じてる?
はい。ピケティさんの本が、ちょっと前にベストセラーになったじゃないですか?



資本主義に関する本でしたっけ?
「21世紀の資本」という本です。お金を持っている人が、結局は儲かるっていう内容です。




身もふたもない結論ですね。
最終的には富(=資本)を持ってる人が勝組になって、持ってない人はどこまで頑張っても勝てない。それを経済学的視点の中で証明してしまったわけです。



もはや頑張る気が起きませんね。
だから世の中にすごく大きな影響を与えたんです。でも確かに大原則はその通りなんですよ。



その通り?
資本主義のルールというのは、ある系みたいなものの中で閉じてるんですよ。



閉じてる?つまり金持ちと貧乏人は永遠に入れ替わらないと?
基本的にはそうです。



基本的には?じゃあ入れ替わることもあると?
もちろんあります。お金持ちが貧乏になったり、貧乏な人が金持ちになったり。



じゃあ、どこが閉じてるんですか?
資本主義の底辺にある基本的なルールですね。まず富を持っている側が圧倒的に有利。同じことをやっていたら同じ状況が続きます。



金持ちは金持ちのまま?
余計なことをしなければ。



でも投資をして、さらに金持ちになってますけど。
よほどのヘマをしないとそうなります。資金力も、情報量も、テクノロジーも、お金持ちが圧倒的に有利ですから。




人数が逆転することって、あり得るんですか?常に貧乏人の方が多いですけど。
いや、あり得ないです。ここのルールも閉じてます。



少数の豊かな人と、大多数の貧乏人。
その通り。大多数のお金を少人数の金持ちが吸い上げている構造です。



その、閉じちゃってる資本主義が、終わる時って来るんですか?
今のカタチの資本主義はいずれ終わるでしょうね。



どうやって終わるんでしょうか?
今、世の中の通貨の総量が増えてきているんですけど。



通貨の総量?
たとえば僕らの学生時代と比べて、世界の時価総額って何十倍に増えているわけです。




そんなに増えてるんですか?
はい。でも物やサービスの量は数十倍になってるわけじゃない。せいぜい2倍弱。



ということは、お金の価値が下がっていると?
お金の単位当たりの価値が、どんどんコモディティ化して下がってると思います。



でも実際にはインフレどころか、デフレじゃないですか?
それは、一箇所に資産が集まり過ぎているからです。



トップ10人のお金持ちが、全人類の資産の半分を持ってるらしいですよ。
しかもその貧富の差は進行中で、持っている人のところにどんどん集まっていく傾向があるんです。まさに現在の資本主義のルールに従って順調に貧富の差がどんどん広がっている。ピケティさんのご指摘の通りです。



普通に考えたら、お金が暴落するはずですよね。
持っているだけでは暴落しません。市場での流通量がキーだと思います。



じゃあ、たとえば、その10人のお金持ちが、自分の全財産を一気に使い始めたら、暴落しますか?
市場での流通量が一気に増えますので、間違いなく暴落します。でもそんなに交換するものがないですね。金融資産だけが膨らみ過ぎているので。



ってことは、実際には使えないってことじゃないですか。
全部は使えないですね。多分。



本当はもう、お金持ちが持ってるほどの価値って、ないんじゃないですか?
ないと思います。



でも現実には、あるじゃないですか。
あると信じている人がたくさんいるから、あることになるんですよ。



でも、ほとんどの人は持ってないわけでしょ?お金や資産を。
大多数は持ってないです。一部に集中してますので。



だったら大多数の人にとっては、貯金や資産の価値なんて、本当はない方がいいのでは?
頭で考えるとそうですね。でも実際には、持っていない人ほど欲しがりますから。



欲しがるから、価値が上がる?
そう。しかもない人ほど欲しがる。。。



金持ちの思うツボ。
その通り。



頭が悪いんですかね?
いや、頭が悪いわけじゃなく、そういう系の中に閉じ込められてるんですよ。



閉じ込められてる?
はい。この系においては、価値イコール「プライスタグが付いたもの」なんですよ。



プライスタグ?
はい。つまりお金に換算できるものということです。



それが価値のあるもの?
と、思い込んでいるということです。



じゃあ、本来は違うんですか?
物々交換の世界であれば、プライスタグなんてないので。お互いがちゃんと目利きしないといけない。



なるほど。目利きですか。
この目利きの部分を、利便性とか効率性っていう名のもとに捨ててしまっているわけです。



じゃあ、目利きが復活すれば、お金に振り回されなくなる?
もちろん、そうなります。自分自身の価値も、人間関係も、本当はプライスレスじゃないですか?



プライスレス?
人によって受け取る価値は違うんですよ。でもプライスタグが中心になると、それによって価値が決まってしまう。



「お金持ってる人が偉い」となる?
そうなりますよね。でも、僕が考えるにお金持ってる人は「お金集めゲームが得意な人」なんですよ。



なるほど。
しかも今はそのゲームをAIがやってるので。



さらに差が広がると?
資金を持ってる人が情報を集めて、凄いAIを手に入れちゃったら、その人のお金はどんどん増えていく。



だけど実際には何も増えてないじゃないですか。世の中のお金を増量させているだけで。
でも、ほとんどの人はプライスタグを信じているので、お金持ちの権利はどんどん大きくなっていくんです。



その権利と置き換えられるのって、お金がない人の労働なわけですよね。
お金がない人は、労働をお金と交換しますね。



それで安い仕事を受けて、労働の価値ががどんどん下がっていく。
安く受ける人がいれば、下がっていきますね。



それが不思議でしょうがないんですよ。なんで自分の価値を下げるような、やりたくもない仕事を安くで受けちゃうんですか?
今、みんなが少しずつ、その違和感に気づき始めていると思います。



そうなんですか?
だけどまだ、お金の縛りであるとか、プライスタグの世界に、雁字搦めされてる。



誰が、雁字搦めにしてるんですか?資本家ですか?それとも政治家ですか?
いや、自分の信念ですね。自分で枠組みを作って、それを信じてその中に閉じこもってる。




次回、第20回『金持ちは、なぜ金持ちなのか』に続く!~毎週水曜日更新中

採用業界の最新情報をお届けします!

人気記事

もっと見る