ちょくルート Magazine

TOP > 連載 >
  • 2019/04/17
  • ちょくマガ編集部

死ぬ恐怖、死なない恐怖『それ行け!地球人』〜宇宙人が教えてくれる、地球で快適に生きていくためのヒント〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
「死んだつもりでやってみろ!」などと皆さん軽く言いますが、実際に死ぬのはそう簡単なことではありません。

このコラムは「臨死体験によって宇宙人であることに目覚めた人間(服部)」と「地球人として日々苦悩し続ける人間(安田)」による、不思議な不思議な人生対談です。

第1回『服部さん、これ本気ですか?(前編)』
第2回『服部さん、これ本気ですか?(後編)』
第3回『魂が抜けた?』(前編)
第4回『魂が抜けた?』(後編)
第5回『ベガ星人の目覚め』
第6回 怪しいメンターとの出会い
第7回『怪しいメンターとフリーエネルギー』
第8回『お金の洗脳が解ける時』
第9回『営業のアポに行ってる場合ですか?』
第10回『『死ぬことと、消えること』
第11回『魂はどこに向かっているのか』
第12回『赤ちゃんは全部お見通し』
第13回『本当の自分はどれなのか』
第14回『大人の境目、大人の正体』
第15回『迷惑の境目はどこにある?』
第16回『家を買うという、不思議な遊び』
第17回『自分自身の洗脳から抜け出す』
第18回『地球の常識は、宇宙の非常識』
第19回『お金に縛られているのは誰?』
第20回『金持ちは、なぜ金持ちなのか』
第21回『しんどさの正体』
第22回『罪悪感の境目』
第23回『病気になる本当の原因』
第24回『睡眠と肉体と魂の関係』

第25回『死ぬ恐怖、死なない恐怖』

「何が夢で、何が現実か」って話ですけど。
はい。時々分からなくなりますよね。



「これは夢じゃない」って、どうやったら証明できるんでしょう?
それは出来ないですよね。



ですよね?なのに「永久に生きる」なんてことを、人間は目指したりするわけです。
不老不死って権力者の悲願ですからね、昔から。



自分の首から上だけ冷凍保存してる金持ちとか、不思議でしょうがないんですけど。
僕にもちょっと理解できません。



ディズニーランドに行くのは楽しいけど、「君は一生ここから出れない」って言われたら、相当苦痛だと思うんですよ。
それと同じだと?



だって、永久に生きようとすると、自分を縛り付けることになるじゃないですか。
そうですね。



魂が縛られて不自由になるんですよ。何でそんなことをしちゃうのか不思議です。
「分からない」ということに対する恐怖からだと思います。




分からない恐怖?
「輪廻転生」とか「ただ乗り物を乗り換えていく」ってことが腑に落ちれば、不安とか恐怖って感覚を持たないと思うんです。




死ぬのが怖いってことですね?
宗教の1つの役割はここにあると僕は思っています。



恐怖への対応?
ある種の洗脳ではあるんですけど、不安感とか恐怖心を一旦意識から外して生きやすくする。



死んだ後には天国が待ってますよ、と。
死を「永遠の終わり」と単純に定義してしまったら、やっぱり自分が消える恐怖って凄いと思うんです。



完全に消えて無くなるって、確かに恐怖ですよね。
だから人は「なるべく死にたくない」「なるべくこの命を長らえたい」っていう欲求に自然と向かって行く。



でも若いままじゃないんですよ。だんだん衰えていき、だんだん劣化していく。
まあ、どんなに医学が発達しようとも、若返りはしないので、だんだん老いていきますよね。




ほとんど動けなくなって。それでもそこに執着するんですかね。
僕は執着しないですけど、執着する方はきっと多いですよね。



地球人以外の宇宙人の中には、「乗り換えていくものだ」って自覚してる星人さんもいるんですか?
自覚してる星人さんがほとんどです。



そうなんですか?
だから彼らが持っている基本的な「死に対する概念」は、地球人が持ってる概念とはだいぶ違います。



そりゃあそうでしょう。それが分かっていれば。
「乗り換える」という感覚もありますし、そもそも肉体を持ってない人たちもいます。



そもそも肉体をもっていない?
はい。そうすると物理的な劣化から解放されて寿命が凄く長くなるわけですよ。



だって肉体がなきゃ、死なないじゃないですか。
だから彼らは、憧れの1つとして「肉体を持って死んでみたい」っていうのがあります。



死んでみたい?
死んでしまう肉体に乗り換えて、いろんなものを体験してみたいっていう。



死ぬからこそ、体験できるものもあると?
はい。だから、わざわざ「肉体を持っている不自由なところ」に転生してくるわけです。




ということは宇宙人にとって、死は浮気ぐらいなもんですか?
なぜ、そこに繋げるんですか?(笑)



だって結婚というルールを作って「浮気しちゃいけない」って決めて、わざわざ不自由を楽しんでるところがあるじゃないですか。
確かに!



きっと「不自由さ」が、人間の楽しさという感覚と繋がってるんでしょうね。
死が存在しないっていうのは、ある意味、相当苦しいことだと思いますよ。



絶対に苦しいですよ。だって、どんなに悲しいことや辛いことがあっても、終わりがないんですから。
永遠に続くゲームみたいな。



スマホの課金ゲームはそんな感じですけど。
確かに(笑)。




あれは、終わりがないというよりも、終わらせてくれない。
なんか、手塚治虫さんの「火の鳥」を思い出しますね。



火の鳥?
漫画の中で、主人公が死ねなくなるっていう章があるんですよ。



スマホゲームと同じですね。
で結局、何千年、何万年、何十万年って、死ねなくなって。



どうなるんですか?
周りの知り合いは、どんどん死んでいっちゃうじゃないですか。



まあ、死にますよね。
で、知る人もいなくなって、最後はこの星にただ1人だけ残されるんです。



ひどいことしますね。
そういう漫画なので。



で、何か始めるんですか?ひとりで。
ひとりになって、友達を作るために、いろんな実験を繰り返すんですよ。



友達を作り出す実験?
つまり生物を作り始めるんですよ。でも失敗して、なんかアメーバみたいな生物ができちゃったりとかするわけです。



アメーバから友達に進化するのは、だいぶ時間かかりますよ。
でもこの行為って、神の行為だと思いません?



神?
だって、生命という存在を生み出してるんですよ。



確かに。
永久に不滅の存在で、全知全能やりたい放題で、生命を生み出せる。



そりゃあ、楽しそうですね。
けど、そこにあるのは「凄さ」じゃなくて、「孤独と恐怖」なんですよ。



神様は、じつは孤独だと。
孤独と恐怖が、生命を生み出したのかもしれないっていう壮大な話なんです。



おお!すごい。
手塚治虫は偉大です。



じゃあ本来は「死があるから」孤独と恐怖があるのではなく、「死がないこと」のほうが孤独と恐怖なのだと。
そういうことですね。



じゃあ死があることを、もっと楽しまなくちゃいけないですね。
単純に、いま生きていることを、純粋に楽しめばいいんですよ。



次回、第26回『生と死の境目』に続く!~毎週水曜日更新中

求人・採用に関すること、まるごと相談にのります!

採用でお悩みのご担当者様、
どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

採用業界の最新情報をお届けします!

人気記事

もっと見る