ちょくルート Magazine

  • 2019/04/18
  • ちょくマガ編集部

約6割の求職者が求人写真は「10枚以上」を理想とする傾向に!「使いまわし写真は不満に思う」71.8%

このエントリーをはてなブックマークに追加
ディップ株式会社は「求人サイトの写真に関する意識調査」を実施しました。

【調査概要】
調査設計・分析:ディップ総合研究所 ディップレポート編集室 野嵜愛
調査名:ディップ総合研究所「求人サイトの写真に関する意識調査」
調査手法:インターネット調査(外部調査機関)
調査対象:求人サイトを利用して、半年以内にアルバイト・パート、正社員、契約社員のいずれかの仕事を探した全国の15~59歳の男女
調査実施時期:2019年3月1日(金)~3月4日(月)
有効回収数:3,000サンプル

求人メディアに掲載される理想の写真の枚数は「10枚以上」58.5%

求人メディアの写真枚数について、何枚くらいが理想か質問したところ、
「5~9枚程度」が24.1%、「10枚以上」を望む求職者は58.5%となりました。

10枚以上は、一般的な求人メディアより多くなりますが、理想の枚数と現求人メディアに掲載されている社員の枚数にギャップを感じている傾向にあるようです。



求人写真に対する不満足項目

求人メディアの写真の質について、不満に思うところを聞いたところ、
「複数の店舗や支社で使いまわしされていて、実際の職場の写真ではない」71.8%、
「素材画像が使われていて、リアルな職場・人物が写っていない」68.1%が上位に上がりました。

どのような職場なのか、写真から伝えられる情報を重視している傾向にあるようです。

※「非常に不満に思う」「不満に思う」と回答した人の合計


求人・採用に関すること、まるごと相談にのります!

採用でお悩みのご担当者様、
どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

採用業界の最新情報をお届けします!

人気記事

もっと見る