ちょくルート Magazine

  • 2019/06/06
  • ちょくマガ編集部 小堀

U.S.ポッドキャストの広告収入は2018年に53%増加

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年の市場規模は$479 million(約518億円)で、2021年には$1 billion(約1081億円)を超えると予測されています。

via PwC’s 2018 Podcast Ad Revenue Study(サムネイル画像はPwC’s 2018 Podcast Ad Revenue Studyから引用)

※本記事は下記記事の日本語訳になります
U.S. podcast ad revenue grew by 53% in 2018

調査の概要

IABとPwCの調査によると、米国の広告主は2018年にポッドキャスト広告に過去最高の4億7,900万ドルを費やし、前年同期の3億1,400万ドルから53%増加した。

また同報告書は、US国内ポッドキャスト市場の売り上げの売上が倍増し、2021年までに10億ドル以上になると予測しています。


なぜこのニュースが大事か

12歳以上のアメリカ人の51%がポッドキャストを聴いており、22%がこの1週間で聴いたことがあると答えている。
リスナーの78%は、ブランドによるスポンサーシップ(広告)は気にしないと答えている。
これに、スマートスピーカーや自動車に組み込まれたオーディオファースト技術を組み合わせれば、ポッドキャストは何百万人もの潜在的な顧客が存在するマーケティングプラットフォームであることがわかってきました。

また、追跡されたダイレクトレスポンス広告は、2016年の全ポッドキャスト広告の73%から昨年は51.6%に減少したことも報告されています。

この減少は、ブランド化されたコンテンツキャンペーンやブランド認知広告の増加と一致しており、ポッドキャストはユニークなコードやURLによるトラッキングを必要としないキャンペーンにはより効果的である可能性があります。


ポッドキャスト市場の近況

・全広告売上の半分以上は、D2C小売業者(22%)、金融サービスプロバイダー(21%)、B2B(14%)広告購入者バイヤーからのもの

・2018年に配信されたポッドキャスト広告の大部分(51.2%)は依然として埋め込み広告が占めているが、動的に挿入された広告は2017年の41.7%から48.8%に増加している

・ホストリード広告は、事前に制作され供給される広告よりも好まれており、広告タイプの2/3近くを占めている

・2018年当時は、1000ドル当たりのコストが依然として優勢な価格モ​​デルであり、CPAモデルが重要ではなくなった


本メディアの運営会社であるアドヴァンテージの 自社採用サイトASP「JOB!BASE」では、この度Googleしごと検索(Google for Jobs)に完全対応しました。(もちろんIndeedも対応済み)。

もう少し内容や、昨今の採用市場も絡めたお話を聞きたい。
そういったお声には、無料セミナーも開催していますで、お気軽にご参加いただければと思います。

自社採用サイト構築、Indeed、Google for Jobs、各種web広告などのお問い合わせは、コチラからいただければと思います。


株式会社アドヴァンテージ ディレクション 小堀慎平
国家資格キャリアコンサルタント
GCDF-Japanキャリアカウンセラー
TOEIC 950

アドヴァンテージにて過去は営業のテレアポからクロージング、WEBマーケティングはIndeed,Twitter,Facebook,リスティング広告を運用、広報としてTVではあさチャン!、さんまのホンマでっか!?TV、ノンストップ!へ、新聞では産経&毎日新聞などに自社商材を露出。現在はGoogle for Jobs&Indeed完全対応の自社採用サイト構築ツール「JOB!BASE」の制作として、約2年で80サイトの構築を担当。
日本、中国上海、アメリカハワイで育った後、青山学院大学経済学部経済学科卒業

求人・採用に関すること、まるごと相談にのります!

採用でお悩みのご担当者様、
どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

採用業界の最新情報をお届けします!

人気記事

もっと見る