ちょくルート Magazine

  • 2019/07/01
  • ちょくマガ編集部 小堀

Wayback Machine、競合サイトが”いつ”&”どのくらい”の変更したか検証可能に(β版)

このエントリーをはてなブックマークに追加
調べたい競合サイトが過去どのようなサイトだったか(デザインなど)を調べる際に有効なWayback Machineですが、”いつ”、”どのくらい”の変更を行ったかの検証ができるβ版のサービスを開始しました。

ニュース概要




Twitterにて@CyrusShepardがシェアされています。
以下日本語訳になります。

「もしあなたがWayback Machineを使ってSEOのために競合のサイトを診断/追跡したことがあるなら、これは素晴らしいアップグレードです。

"Changes"は、いつどのくらいページが変更されたのかを正確に知らせるツールです。(ベータ版)」


使ってみた~自社の採用サイトで検証~

せっかくなので運営会社である株式会社アドヴァンテージの自社採用サイトで使ってみました。はい、結果がこれです!

諸々の都合により2週間に1回の更新はしているのですが、やはりβ版ですからか。そこまで正確ではないですね。

あとはサイトのトラフィック量なども関係してくるかもしれません。


使ってみた~タウンワークで検証~

どう...なんでしょう?

タウンワークの内部の人間ではないのでなんともいえませんが、外の人間から見ると毎日何かしら更新してそうなイメージがあります。

2017年などは更新している日数結構少ないですからね。


まとめ

トラフィックが多いサイトを分析するには、1つの指標にはなるかもしれません。

とはいえβ版というのもあり、データの正確性にはまだ疑問符がつくところはあるので、あくまで参考程度にするのが良い使い方だと考えます。


本メディアの運営会社であるアドヴァンテージの 自社採用サイトASP「JOB!BASE」では、この度Google for Jobsに完全対応しました。(もちろんIndeedも対応済み)。

もう少し内容や、昨今の採用市場も絡めたお話を聞きたい。
そういったお声には、無料セミナーも開催していますで、お気軽にご参加いただければと思います。

自社採用サイト構築、Indeed、Google for Jobs、各種web広告などのお問い合わせは、コチラからいただければと思います。


株式会社アドヴァンテージ ディレクション 小堀慎平
国家資格キャリアコンサルタント
GCDF-Japanキャリアカウンセラー
TOEIC 950

アドヴァンテージにて過去は営業のテレアポからクロージング、WEBマーケティングはIndeed,Twitter,Facebook,リスティング広告を運用、広報としてTVではあさチャン!、さんまのホンマでっか!?TV、ノンストップ!へ、新聞では産経&毎日新聞などに自社商材を露出。現在はGoogle for Jobs&Indeed完全対応の自社採用サイト構築ツール「JOB!BASE」の制作として、約2年で80サイトの構築を担当。
日本、中国上海、アメリカハワイで育った後、青山学院大学経済学部経済学科卒業

求人・採用に関すること、まるごと相談にのります!

採用でお悩みのご担当者様、
どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

採用業界の最新情報をお届けします!

人気記事

もっと見る